<大和教育研究所が提供するサービス>




立志塾

「自分とは何か?」
自分自身を深く見つめ、
自らがこの世界で成し遂げるべき
使命に気付くための学び。

それが立志塾の目指すものです。


「本当の自分とは、何なのか?」
これは、人に教えてもらうことが出来ません。

自分を知るためには、
自らを観察し、
自ら気付くしかありません。

しかし、「教えてもらうこと」に慣れ過ぎている私たちは、
未知なるものを知るための方法を知りません。
方法を知らないから、分からないと思い込んでいるのです。


立志塾は、この未知なる「自分」という存在に、
自分自身で気づくための方法を学ぶための場です。




自分を知り、真の自分と繋がる究極の学び(Y.Oさん 女性)
私が保健室の先生として、「伝わる言葉」を持っていられるのは、立志の学びがあったから。生徒の為にと長年カウンセリングを学び続けていましたが、実は自身が一番求めていた!
そして「絆」を自覚しました。母子・父子・姉妹の関係から、祖父母・叔父叔母まで内観していく事で、人間関係や目の前の問題に光があたり、問答が心に触れ涙が溢れる・・・。カウンセリングを越える「気付き」で物事が改善していきました。
自分とは何か?「真の自分」の生き方を考え、人生を豊かにする立志塾に感謝の日々です。


自分が自分になれる場所(N.Hさん 男性)
「自分が自分の人生に取り残される」
そんな感情が溢れ出し、プレミアム立志塾を受講させて頂きました。立志塾は外側の状況から内にある自分に気づく時間でした。受講後、内観研修にも参加し内側を整える事で外側の世界が整っていく事を実感しました。また人は過去の事実に感情を加えることで、いかに勘違いをして生きているか、ということに気づきました。
自分の内を観ることで本当の自分になれる。立志塾は、それを気づかせてくれる場所です。


立志塾で家族のつながりに気付く(A.Mさん 女性)
私は札幌立志塾で第8期、第12期で学ばせて頂きました。第8期は社会人として、第12期は結婚して家庭を持ったタイミングでの学び。心に従うままに立志塾の門を叩きました。家族のつながりを知ることで、また新たなステージを生かさせていただいています。
立志塾で得た気付き。どれほど愛されて、今があるか。それを知り、受け入れることで、奇跡のような出来事が起こります!
小田島先生、一緒に学んでくださった塾生の皆様、立志塾に導いてくださった師に、感謝の日々です。




当社へのお問合せ »



日本人という生き方(書籍)

ウガンダの野球少年たちに、日本の躾と習慣を大切にした人間教育に挑戦。元中学教師が「国境を越えた人づくり」から気づき学んだ、未来のためにあるべき日本人の姿を提唱する。

※書籍およびDVDをお求めの方は、当ホームページの「お問合せ」より、メールにてご連絡ください。






株式会社大和教育研究所
〒001-0921
札幌市北区新川一条4丁目4‐19
TEL・FAX 011-558-5184
ページのトップへ戻る